グループF:中田が泣いた日。中田ご苦労様!

a0070692_12333333.jpg

【ブラジル-日本戦4-1】
W杯に涙の「別れ」 中田英、ピッチに倒れる
ジーコジャパン、力尽きる 玉田、先制ゴール実らず
試合結果

試合終了。ピッチに倒れた中田。中田英寿が”泣いた”。

中田はこれまで年代別のすべての国際大会に代表として出場した日本人唯一なのである。U15、U17、U20、U23 (アトランタ・オリンピック)、ワールドカップ・フランス大会(1998)、ワールドカップ・日韓大会(2002)。

これらすべての試合をこれまで私は観察してきたが、どんな敗戦をしても”中田は泣かなかった”のである。”笑顔の中田”、これが中田の中田らしい”新人類”的なところであった。

そして今回のワールドカップ・ドイツ大会。ついにその中田が”泣いた”。私には”その時の中田の気持ち”が実に良く分かる。

かつて私が自伝の一部「2章 小中高時代:私がスポーツから学んだ事 」でこう書いていた。

”一一一 試合後、なぜか知らないが止めどもなく涙が溢れてきて、たぶん30分ほど第2試合の横で泣いていた。何度も止めようと思ったが、止まらなかった。 そこにどこからともなく藤井君が来てなぐさめてくれた。たぶん、これでサッカーは終わりだなと思ったからだろう。この時程純粋に涙を流したことは一度もなかった。”

こういった時の”涙”とは負けたことが悔しくて出てくるのではない。確かに悔しい。しかし、自然となぜか溢れ出てくるものなのだ。止めどなく溢れ出る涙。

これは、私がかつてそうであったように、”もうサッカー人生は終わりだな”と心の奥底で見極めたことから来る涙だと私は理解している。そう、中田選手は自身最後のワールドカップの”人生をかけた戦い”が終わったのである。だからこそ、涙が溢れ出る。甲子園球場で高校野球選手たちが見せる涙と同じ類いの涙である。


a0070692_12342266.jpg
一般に”西洋人選手は泣かない”と言われる。しかし、それは嘘だ。チェコのネドベドもどんな大選手たちも生涯一度っきりの戦いで破れ去った時には泣いている。人目もはばからず大泣きしているのだ。日本の中村俊輔も泣いていた。それが自然なことなのだ。

しかし、泣かないでいられる選手も日本代表にはたくさんいた。これが私は信じられない。

この試合の分析はまた後程にして、後はまだ無敗で決勝トーナメント進出の望みがあるアジア勢”最後の砦”韓国に頑張ってもらうほかない。

”テーハミンゴ”の大声援を送ろうではないか!!

中田英寿、心からご苦労様。ありがとう中田!
[PR]
by Kazumoto_Iguchi | 2006-06-23 12:35 | WC2006
<< グループF:オーストラリア歴史... グループE:イタリア、ガーナ激... >>