ジーコの”置き土産”:日本のランキング急降下!

a0070692_21424866.jpg

日本が世界ランク18位から49位に急降下 FIFA

いやはや、この世界ランキングは厳しい。これこそ、”20億円監督”ジーコの置き土産。日本サッカー協会は、ジーコから”契約不履行”の違約金をもらうために損害賠償請求でもしたら良いのではないだろうか。

ちなみにジーコはブラジルでも評判がた落ちのせいか、日本とブラジルから逃走したようだ。遠く離れた中東のクラブチームの監督に就任するという。ジーコ、トルコのクラブと正式契約 年俸は3億円弱

この金の亡者ジーコ側が希望した年俸は700万ユーロ(約10億2000万円)というから恐れ入る。「金のことは二の次だ、方針や条件が一番大事だ」と考えるオシム氏とはえらい違いである。

さて、今回はアジア代表の4チームイラン、サウジアラビア、韓国と日本はふがいなく予選敗退。大きくランキングを下げた。

イラン:47位
日本:49位
韓国:56位
サウジアラビア:81位

ちなみに

ブラジル:1位
クロアチア:23位
オーストラリア:33位

おそらくFIFAはアジアの順位を”意識的に”低く見たのだろう。こうしておいて次回開催の南アフリカ大会のために、アジア枠を3に減らし、アフリカ代表枠の数を増やすのだろう。この順位は”FIFAからのメッセージ”だと思って間違いないだろう。

これは非常に厳しい状況だ。2年以内にアジア各国が20位前後に上がらない限り、アジア枠は3に減り。しかもその中にオーストラリアが入ってくる。

ほんと金の亡者ジーコは大変な置き土産を残して行ってくれたものだ。
もう二度と日本へ来るな、ジーコ!
ジーコ監督は、「まだ未成熟」!
で私が論じたことが本当だということが分かっただろう。
[PR]
by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-13 21:43 | WC2006
<< ”この母にしてこの子あり”?:... ジダンvsマテラッティ >>