”中田英寿はなぜイチローになれなかったか?”

最近、日本のマスコミ関係者がこんな問いかけをして、”知ったかぶり”のような意見を述べているようだ。

“海外組”の見たヒデ 田中和彦(映画制作会社「ティー・オー・ピー」役員)

”ジーコジャパンのW杯敗退では、今春のワールド・ベースボール・クラシックでリーダーシップを発揮して国内組中心の選手たちを優勝に導いたイチロー選手と、海外組と国内組の溝を埋めることができずに最後まで孤独な戦いを強いられた中田英寿選手を比べる記事が見受けられた。”

この問題は”くだらないマスコミの思い上がり”に端を発しているが、その誤解を解くためにここで議論しておこう。

まあ、結論から言えば、「ワールドベースボールクラッシック(WBC)とワールドカップは比較できない」ということだ。

なぜなら、確かにイチローと中田英寿は日本代表という立場は似てはいたが、置かれた立場はまったく異なっていたからである。だから、結果はまったく異なるのが当然で、単純にイチローと中田を同列に論じる事はできない。

サッカーのワールドカップは、72年18回という非常に長い歴史を持っている。(ワールドカップのデータベース)。それに対して日本サッカーの歴史そのものは、アマチュアサッカーとしては非常に古いが、プロサッカーとしての歴史は非常に浅い。13年前の1993年に誕生したに過ぎない。したがって、世界のプロサッカー72年の歴史に比して13年で、3度目のワールドカップ出場したということである。

一方、野球の場合には、日本のプロ野球は1936年に発足し、70年という、戦前からの長い歴史を持つ。高校野球はプロ養成の下部組織のようなもので、戦前からすでに甲子園大会はプロ野球への登竜門化していたのである。高校野球のトップ選手はプロ野球の一軍でも”即戦力”として働く事ができるほどの力量を持つ。こういった野球教育スタイルが日本では出来上がっているのだ。

こういうプロ野球のしっかりした組織ができている基盤の上に、野茂英雄選手がアメリカメジャーリーグに参戦し、それから次第に日本人メジャーリーガーがどんどん誕生していったのである。

こうした状況の下でサッカーのワールドカップを真似て、2006年の今年になって初めてWBCが行われたのである。これに、大リーガー所属のイチローなどの野球選手と国内のプロ野球所属のプロ野球選手がチームを組んで参加し、優勝を遂げたのである。

ましてや、野球は世界の一部の国々でしか行われていない。プロ野球がある国は非常に限られている。その限られた国々の中でのWBCなのである。せいぜいベスト16程度の国しかない上に、日本は最初からベストフォーの歴史と実力を持っていた。だから、優勝しても別に驚く程の事はない。イチローがいなかったとしても日本は優勝できたかも知れない。それほどの選手層と歴史と伝統をプロ野球は持っている。

しかし、サッカーはワールドスポーツである。サッカーのない国はなく、ほとんどの国でそれなりのプロサッカーリーグを持っている。この現実の前では日本のプロサッカーの歴史は浅すぎる。クラブユースも誕生して間もない。高校サッカーやクラブユースの選手がそのままプロサッカーチームのエースになることはまだほとんどない。この例外中の例外が中田英寿であった。これが現実である。

だから、日本のプロ野球の立場と日本サッカーの立場は全く異なる。同列に論じる事はできないのだ。まがりなりにも”プロ野球選手魂”が確立しているプロ野球選手とまだまだ”プロサッカー選手魂”の確立していないプロサッカー選手とは比較にならないのだ。

WBCの日本代表はみなプロ選手としての誇りを持って戦ったが、その中のイチロー選手と、ワールドカップサッカーの日本代表はみなまだまだアマチュア的なサッカー選手の集まりに過ぎず、プロサッカー選手としての誇りを持って戦ってはいなかったが、その中の中田英寿選手とは比較しようがないのである。

それほどまでに、プロ野球とプロサッカーは歴史が異なるのである。安易な”比較”は禁物であろう。プロサッカーとプロ野球は似て非なるものなのだ。
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-08 14:25 | WC2006

上川徹主審と広嶋禎数副審、再び快挙!

a0070692_1771047.jpg

上川主審、最後のW杯大役 3位決定戦で笛 故障も乗り越え
上川主審が3位決定戦の主審に


a0070692_1772110.jpg

ジーコジャパンより一足先に日本人主審がデビュー! 」で紹介した日本人の上川徹主審(43)と広嶋禎数副審(44)が3位決定戦のドイツ一ポルトガル戦の主審と副審を行う事が決まったという。実に素晴らしい快挙である。

再び日本人審判の方が日本代表より先にベストフォーに進んだようである。

この上川主審は、今大会での日本代表のサッカーに対しても私同様の手厳しい意見を持っているようだ。”日本代表には戦う姿勢が見えなかった”と。
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-07 17:08 | WC2006

男たちの”涙、涙、涙”:グループG&H

a0070692_1545382.jpg

写真:韓国のイ・チョンス


a0070692_155811.jpg

写真:スイスのツーバービューラー


a0070692_1552151.jpg

写真:スペインのセスク


a0070692_1553340.jpg

写真:スペインのラウール


a0070692_1554332.jpg

写真:ウクライナのシェフチェンコ
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-07 15:07 | WC2006

男たちの”涙、涙、涙”:グループF

a0070692_1533598.jpg

写真:ブラジルのアドリアーノ


a0070692_1501362.jpg

写真:ブラジルのロナウジーニョ


a0070692_1503178.jpg

写真:オーストラリアの選手達


a0070692_1504472.jpg

写真:オーストラリアのビドゥカ


a0070692_15105.jpg

写真:日本の中田英寿
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-07 15:02 | WC2006

男たちの”涙、涙、涙”:グループC&D&E

a0070692_14554065.jpg

写真:オランダの選手達


a0070692_14555697.jpg

写真:ポルトガルのクリスチャン・ロナウド


a0070692_14561267.jpg

写真:イランのティモリアン


a0070692_14563198.jpg

写真:アメリカのドノバン


a0070692_14564331.jpg

写真:チェコのネドベド
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-07 14:58 | WC2006

男たちの”涙、涙、涙”:グループA&B&C

3位決定戦と決勝戦にはちょっと日があるので、これまでに敗退した有名選手達の”涙”シーンを集めておこう。

a0070692_14505883.jpg

写真:ドイツのバラック



a0070692_14511363.jpg

写真:パラグアイのバレト


a0070692_14512747.jpg

写真:イングランドのベッカム


a0070692_14515235.jpg

写真:スウェーデンのメルベリ


a0070692_1452381.jpg

写真:アルゼンチンの選手達
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-07 14:54 | WC2006

”偉大なジダン”、フェリペ監督の不敗神話を撃破!

a0070692_11544327.jpg

【準決勝第2試合】
【フランス-ポルトガル戦1-0(1-0、0-0)】
フランス、迷いなくジダンがPK決める W杯
フィーゴ、ジダンに賛辞 「やはり偉大だった」
フィーゴとジダン、最後の対決 72年生まれの両雄
試合結果

”偉大なジダン、フェリペ・スコラリ監督の不敗神話を撃破!”

いわゆる”虎の子の1点を死守”したゲームであった。前半の終盤に訪れたワンチャンスのPKをジダンが冷静に決め、後は何が何でもポルトガルの猛攻をしのぐという試合だった。

こういう重圧のかかる場面でのPKは”気持ちの持ち方”がすべてである。

日本の選手は、たいていこういう時に「失敗したらどうしよう」と”後ろ向き”に考える傾向があり、これが”失敗を恐れるがために失敗をくり返す”という問題を生む。

ところが、ジダンのように偉大な選手達はこういう場合では全く逆に”前向き”に考える。ここが違っている。ジダンはこう考えてPKに向かった。

「PKを成功させるには重圧が必要。前向きな重圧だ。このシュートを入れればリードできる。そのままいけば、決勝だと自分に言い聞かせた」

ジダンのこの考え方は、欧州や南米の偉大な選手達に共通する考え方である。それゆえ、今大会を前にジダンは”現役引退”を宣言した。ここが日本人の中田英寿とは違う。中田も日本人なのだ。そして、さらにジダンは、現役引退宣言の後こう付け加えた。

「現役最後の試合はW杯決勝」

これが、

「現役最後の試合はW杯優勝」

ではないところが面白いところだが、とにかく決勝まで進みたいという宣言を行い、自分自身に良い意味の、正の”重圧”をかけたのだ。ここが偉大な選手の偉大なところなのである。


a0070692_1154116.jpg

一方、フィーゴも偉大な選手だが、フィーゴはこの世紀の一戦の前にこう言っていた。

「だれも永遠にプレーはできない。どの試合も最後の試合になる可能性がある」

そして、この言葉通り、この試合が”最後の試合”となってしまった。

さて、決勝はイタリア-フランスとなった。これは、私が2006/05/22に「”予想、予想、予想” 」で、

【準決勝】
ドイツ-イタリア
オランダ-ブラジル
勝者は、イタリア、ブラジル

【決勝】
イタリア-ブラジル
優勝は、イタリア。

と予想した半分はあたっていたことになった。オランダに死闘の末に勝ったのはポルトガル、そしてブラジルに勝ったのがフランスであるから、決勝のイタリア-フランスの対戦もだいたい私が予想したイタリア-ブラジルと同じ流れだと言えるだろう。

ところで、フランスは指令塔はジダンしかいない、ストライカーもアンリしかいない。しかし、イタリアにはピルロとトッティの2枚の司令塔、ストライカーもイアキンタ、トーニ、デルピエーロ、ペロッタの4人がいる。ボランチもマテラッティ、ガッツーゾ、グロッソ、ザンブロッタがいる。

こんなわけで、フランス、イタリアともに堅守のチームだが、総合力では、イタリアが有利という感じがする。

果たして7月10日の決勝では、どちらが勝つか。ジダンが優勝で花を添えるか、ピルロのイタリアが勝つか、実に面白いところである。楽しみな試合となった。
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-06 11:56 | WC2006

”天敵”イタリア、ドイツを封じる!

a0070692_21552879.jpg

【準決勝第1試合】
【イタリア一ドイツ戦2一0(0一0、0一0;0一0、2一0)】
デルピエロ決定弾 ドイツ戦の無敗神話守る
土壇場で鮮やかな一発 グロッソ鋭く曲がる決勝点
若さと勢いだけでは足りず 開催国ドイツ、決勝逃す
積み残した思い晴らせず 決勝の舞台逃したバラック
伸ばした手、逃げるボール レーマン届かず
ドイツ城壁決壊 119分一瞬のスキ許した連続弾
試合結果

”天敵”というのか、”苦手相手”というのか、”相性が悪い”というのか、ドイツにとってイタリアはそういう相手だった。

日本には1994年のアメリカ大会出場を目指した時の”ドーハの悲劇”という有名な出来事があるが、この試合はおそらくドイツ人は、”ドルトムントの悲劇”と呼ぶ事だろう。

この試合のメキシコ人の主審は非常に素晴らしかった。両者に不必要なカードも与えず、反則も非常にフェアに取り、試合の流れを的確にコントロールしていた。

これに応じたのかどうかは分からないが、ドイツチームもこれまでのナチス・ドイツスタイルの”汚い”プレーは少なかった。ひょっとしたらこれがドイツには災いしたのかもしれない。

ドイツ、イタリアともに一撃必殺をお互いに潰しあうという出足であった。ドイツは中央やサイドからツートップに合わせる必勝パターン。一方、イタリアは相手ディフェンスの裏をつく必勝パターン。両者この必勝パターンを出させないようにプレスをかけて阻止しあっていたわけだ。

後半もこれを目指していたが、疲れが出て来て徐々にそれができないようになり、お互いに必勝パターンによるチャンスが出てくるようになった。そしてついに延長戦。

延長戦では、さすがに両者足が止まりかけてきて、動きも遅くなったが、徐々にイタリアの方がチャンスが出た。リッピ監督がイアキンタ、デルピエーロ、ジラルディーノの3人を投入してから形勢が優勢に変わった。元気な3人が前線でドイツディフェンスをかく乱しはじめた。


a0070692_21554482.jpg

そしてついに、あと2分でPK戦突入か(そしてドイツはPK戦は無敗なのでドイツが勝か)とだれもが思った頃、ドイツディフェンダーの右サイドバックのフリードリッヒが”痛恨のミス”を犯した。恐らくサッカーをあまり知らない普通の人たちはこの悲劇がここで始まったとは見なさないだろう。

かつての日本の”ドーハの悲劇”の始まりはラモスだった。敵から奪ったボールをキープして最後の数分を過せば良かった時にいい加減なクリアをして敵にボールを渡し、それが切っ掛けとなって反撃を食らい、最後に武田が安易にコーナーキックに逃げたために、コーナーキックから最後のヘッドで失点し、引き分けた。そして得失点差で韓国に負けたのだった。

フリードリッヒのこのプレーは、その時のラモスのプレーに似ている。あと数分、それも2、3分を自陣でボールキープしておけば良いものを、安易に大きく蹴って敵のゴールキックにしてしまったのだ。そのため、キーパーが大きく蹴り、一気にイタリアがドイツ陣内に攻めて来た。苦しくなったドイツはコーナーに逃げ、そして、あの得点シーンにつながった。ピルロにリバウンドボールが渡り、右にいたグロッソにパス。グロッソがダイレクトでシュートしてゴール。

その最後の1分後には、最後の怒濤の攻めを仕掛けたドイツが中盤でカンナヴァーロにカットされて一気に”イタリア伝統のカウンターアタック”で止めの反撃を食らった。

これは、フランス大会の決勝戦のフランスとブラジルの戦いの3点目に似ている。この時も最後の反撃をしている時にカットされてカウンターアタックされて止めの3点目を喫した。



a0070692_21555325.jpg

こんなわけで、延長戦にまでもつれたが、試合内容は終始イタリアペースでイタリアの快勝と言えるだろう。

それにしても、クリンスマン監督は、どうしてこれまでの先発を使わなかったのだろうか。暴力行為で出場停止のフリングスはともかくシュバインシュタイガーが先発させるべきだった。決勝の切り札として休ませたのだろうか。やはりフリングスの出場停止処分で平常心を失ったのだろう。議論の余地のあるところである。

いずれにせよ、”アルゼンチンとの死闘”が尾を引いた観ありの試合だった。
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-05 21:57 | WC2006

ヒデを惜しむ声、声、声


a0070692_223634100.jpg

中田英寿選手が引退表明して以来、各界で引退を惜しむ声が寄せられたようだ。それらのいくつかをここにまとめておこう。

「少し早いかな」、中田英引退に川口ら

【川口】
「素晴らしい選手で、ファンのみなさまにも素晴らしいプレーを見せてくれたと思います。少し早いかなと思いますが、これからも頑張ってほしい」

【中山雅史】
「いろいろ悩んだ結果だと思う。代表の中で厳しいことも言っていたが、ありがたい言葉だったと思う。プレーする姿勢や練習する姿勢の中から学ぶものも多くあった」

【名波浩】
「ヒデらしいというか、彼が長い間苦しいことや楽しいことを考えての結論だと思う。今後の日本サッカーに大きな力をくれた」

【福西崇史】
「まだまだできると思う。世界のサッカーに日本が追い付こうと常に言っていたし、貢献度はかなりあった」


a0070692_22364792.jpg

ヒデ引退! デルピエロ「残念。説得する」

【アラダイス監督】
「驚きではなかった」「彼はアジア、そして、日本サッカーに触媒作用を及ぼした人物として記憶されるだろう」

【デルピエロ】
「残念なことだ。まだ若いので、後悔するのではとも思う。考え直すように、電話で説得するよ」

【バローネ】
「素晴らしい選手で、プロ意識が強かった。寂しいね」

【アルベルト・ポルベロージ記者】
「活躍ぶりをよく覚えている。世界はまた1人、好選手を失った」

【トルシェ前監督 】
「中田が引退するとは驚きだ。早過ぎると思う。29歳で、まだまだ力はある。このW杯でも、選手として成熟し、本物のリーダーであることを示した。98年から3大会続けてW杯に出場し、33歳で迎える10年W杯でも十分、やれた。 」
「引退を決めたのは、モチベーションが一つの理由かもしれない。29歳は、モチベーションが問題になる年齢だ。ただ、来年はアジアカップがあるし、10年W杯もある。それらをモチベーションにしてもよかった。 」
「現在の力でもスペインやフランスでプレーすることができた。今後は、指導者への道へ進むべき人間だ。 」
「彼は十分な収入を得ていたし、お金のためにプレーをする必要はなかった。好きだからサッカーを続けてきたのだと思う。 」
「中田は自分一人で引退を決めたことを、若い世代に示したかったのではないか。日本の社会システムでは難しいことだろう。今回の決断は、彼の性格をよく示している。 」
「決断は尊重すべきだろう。ただ、日本のサッカー界にとっては、大きな損失だ。彼は日本のリーダーであり、原動力だった。日本にとっては、非常に残念なことだ。」

オシム氏「これだけ貢献した人いない」 中田引退惜しむ

【イビチャ・オシム監督】
「日本のサッカーにこれだけ貢献した人はいない。彼がこれから何をするかは彼自身が決めることだが、サッカー界で何らかの仕事をすることを願っている。彼のような選手を自分が手にするには、長い時間がかかるだろう」

中田英引退:ヤンキース・松井秀も功績たたえる

【ヤンキース松井秀樹】
「日本のサッカーの中心であり続けた。日本を高いレベルまで引き上げたという印象。理由は分からないけど、お疲れさまということ」

中田英寿:元ブラジル代表にW杯後の引退告白

【元ブラジル代表ジュニオール】
「もうサッカーをすることに喜びを感じられない。以前のようにモチベーションが持てない」
「中田英自身が常に完ぺきを目指していたから、同僚にも多くを求めたのは当然」
「彼の身体的能力からすれば、あと2年はいい状態でプレーできた。引退はとても残念」

中田英寿引退:胸の奥に押し込めてきたサッカーへの愛情

【韮崎高校の元監督の田原一孝】
「今はご苦労さまと声を掛けてやりたい。W杯ではパーフェクトなプレーができたと思う」
「既に次の道を見つけていると思う。彼がこれからどう生きるかも楽しみ」

【ノンフィクション作家、黒井克行】
「完全主義者の中田選手らしい引き際。体力的にはまだできても、精神的に完全燃焼したためだろう」
「彼はいつからか、サッカーの素晴らしさや厳しさを日本のファンに伝えるメッセンジャーになっていた。『役割』を終えたと確認できたのだろう。その呪縛を解き、サッカーを楽しむことを自分に許したのではないか」

【スキー・ジャンプの原田雅彦】
「引き際は中田さんの美学だと思う。すべてをやり尽くした上で決心したのだろう」「海外のトップチームでプレーする中田選手の姿にあこがれていた」
「我々を小躍りさせるようなプレーの数々は素晴らしかった」

【二宮清純】
「彼は常に自分を極限に追い詰め、緊張感の中で仕事をしてきた。他の代表選手と多少の温度差があったはずで、彼の勝利に対する使命感は他の誰にも理解されなかったのかもしれない。今回の引退は、他の選手に自立を促す彼なりのメッセージでもある」

【漫画家やくみつる】
「引退の仕方まで彼らしい。もともとビジネス志向が強いと聞く。いろんな世界で司令塔的な役割を演じてほしい」

「ヒデらしいね」「引き際、分かっていた」

【川淵三郎会長】
「今日、事前にホームページに出る内容というのを送ってもらっていたが、それまでは全然知らなかった。びっくりした。ショックだった。ただ、ジーコには(日本の敗退が決まった)その時に、言っていた感じだ。(引退する)覚悟は半年前から決めていたみたい。ヒデらしいね」

【加茂周・元日本代表監督】
「中田英が自分で決めたことなので仕方ないけれど、残念だなというのが第一印象。彼は例えば、今回のW杯で8強入りした選手と比べると、目立つ存在ではない。それが今の日本サッカーの現状。ただ、賢い男だから、自分の引き際は、分かっていたんじゃないか」

【東京V・ラモス監督】
「まだまだ日本のサッカーには彼が必要。日本のサッカーを見捨てて欲しくない。せっかく授かった才能を生かさないと、神様に怒られるよ。少し休んで、もう一度考え直してほしい」

【元日本代表・前園真聖】
「ブラジル戦の前夜にヒデの決意を知った。ヒデと初めて出会ったのはアトランタ五輪予選だった。同じ部屋になり、人懐っこいヒデとすぐ仲良くなった。そのころから並外れた才能があったわけではないが、素晴らしいサッカーセンス、しっかりした考え、ビジョンを持っていた」

【横浜C・城】
「彼は21歳のころ、サッカーをやめてからのことを良く話していた。サッカーはもちろん、サッカー以外のことも先の先を読んで行動していた。アトランタ五輪、ジョホールバルのW杯最終予選、フランスW杯、これらはすべて彼のパスから始まった。彼がいなければ、日本のW杯出場は無かったと思う」

【漫画家・やくみつる】
「まだ『億』の金が稼げる人間が、それに見切りをつけてまでやりたいこととは何なのか。唐突な引退表明に少し現実的でない感じを受けた。衝動的な決断ではないと思うが、彼自身、どこまで自分を冷静に分析できているのか。『自分探し』という彼らしくない青くさい表現に、そう思った。同時に『孤高ぶっているけど、こんなに千々に乱れる心を持っていたのか』と、人間的な部分が最後に垣間見えたことにほっとした気もする」

a0070692_2244417.jpg

中田英引退:主将の宮本「戦う姿、選手の心に残る」

【宮本恒靖(ガ大阪)】
「もっとやってほしいが、本人の判断を尊重したい。彼の戦う姿は、一緒にプレーした選手の心に残っていくだろう。走り続けた人だから、ゆっくりしてもらいたい」
「それもなくなるかと思うと、少しさみしい。(累積警告でブラジル戦を欠場し)最後の試合を一緒にできなかったのが心残りだ」
「ドイツに入る前から、この大会に対する意気込みを感じていた。今思えば、ということはある。引退は、意外に思う気持ちと、やっぱりという思いがある」
「当時から、どんなシュートも逆サイドのゴールネットを狙っていたのが印象に残っている。高校3年生くらいになって、今のように他人にも自分にも厳しい選手になった」
「もっとやってもらわないと困る選手。パワフルな意識は、次の道でも生きると思うし楽しみだが、考え直せと言ってやりたい」
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-04 22:05 | WC2006

「中田選手の引退試合」をやって欲しい!!

これは1サッカーファンとしての私の希望である。

このワールドカップ・ドイツ大会が終了し、しばらくした頃に、”中田英寿選手の功績を称えて”、「中田選手の引退試合」をやって欲しい、ということだ。

この際、日本サッカー協会は中田選手に敬意を表して全面的に協力し、世界中から招待選手を招いて欲しい。そして、中田率いる日本代表と世界選抜との間で親善試合を行って欲しい、ということだ。

世界選抜には、アフリカのアデマイヨール、ヨーロッパのジダン、ベッカム、トッティ、ザンビアッソ、チュラム、マケレレ、イランのアリ・ダエイ、韓国のアン・ジョン・ファン、南米のロナウジーニョ、カフー、メッシ、リケルメ、などなどの世界中のワールドクラスの選手を選ぶ。

日本選抜は、中田英寿、宮本ほか、オシム監督の日本代表を選ぶ。

そして、日本のスタジアムで対戦する。

こんな”希望”、”夢”を私は持っている。

中田選手の功績は、これくらいに大きなものだと私は信じている。

川淵さん、ぜひお頼み申し上げます。
[PR]
# by Kazumoto_Iguchi | 2006-07-04 11:24 | WC2006